予防歯科と歯科検診はちがう?

>

口腔内の健康を保つ重要性

歯科検診の内容

歯科検診は、患者さんの口の中で、悪くなっている所がないかを探す作業です。
歯科医師が口の中を調べ、虫歯になっていたり、なりそうな箇所があるか、また、歯周病の兆候がないか、その他、口の粘膜、歯並びなど、様々なことを確認します。
目視で確認したり、レントゲン撮影をしたり、唾液に含まれる細菌を調査したりする医院もあります。
悪い箇所が発見されたら、治療計画を立て、治療に移っていきます。
メリットとしては早期発見で早期治療が行えるということです。
予防歯科と違うのは、チェックが目的で、予防のための治療を行う検査ではない、というところです。
もちろん、予防歯科においても、口腔内の確認のために検査は行います。
定期的な検診を予防歯科の一部とみなす考え方もあります。

受診する際の注意

歯科検診と予防歯科は、通院によって得られる結果が異なるので、歯医者さんの予約を取るときには注意が必要な場合もあります。
この住み分けは、歯医者さんによっても異なりますので、事前に確認しておくことが大切です。
例えば、歯科検診で予約した際、検査の結果、悪いところが発見されなかった場合は、特に治療せずに終了となります。
歯垢や歯石を除去したり、フッ素塗布など、予防に関する作業は含まれていないことが多いです。
もちろん、検診であっても、フッ素塗布などの予防的要素まで料金に含まれていたりする医院もあります。
ご自分の目的がどこにあるのかをしっかり決めてから、希望に沿った検査や治療が行える医院を選ぶようにしましょう。


この記事をシェアする

このページのトップへ