予防歯科と歯科検診はちがう?

>

予防歯科で行う治療とは

予防歯科で行うこと

病気を未然に防ぐことが目的の予防歯科を受診するとき、まず最初に行うのは口腔内のチェックです。
内容については、歯科検診と同様、歯周病や虫歯の兆候を発見し、もし、気になる箇所があれば、治療に切り替えるのは同様です。
気になる箇所がなければ、歯科検診では終了ですが、予防歯科の場合はまだ続きます。
症状が確認できない、健康な状態であれば、それ以降も同様の状態を継続できるように処置します。
歯に歯垢や、歯石の除去をするクリーニングをしたり、歯の再石灰化を促すことで歯を守る効果のあるフッ素の塗布などが代表的です。
そして、磨き残しなどがないかを、試薬を使って染め出しをするなどで、自宅で行っているブラッシングのチェック、正しい磨き方のレクチャーなども行います。

予防歯科を受信する時の注意

身体の健康診断は1年に1回が定番です。
でも、予防歯科についても、その頻度で受診するのは、少し危険かもしれません。
それは、虫歯や歯周病は症状が進行してしまうスピードが早いからなんです。
予防処置を施して置いたとしても、長い間放置してしまうのも
特に、歯周病については、目立った痛みがなくても症状が進んでしまい、気づいた時には重症化してしまっている、ということが多いのです。
受診のスパンが短かければ、早期発見・治療につながりますが、仕事も家事も忙しいのに、そんなに頻繁は、ということも多いでしょう。
目安としては3~6か月に1回程度と考えておくとよいでしょう。
定期的な習慣として置けば、いつでも健康な口腔内環境を整えておくことができ、安心ですね。


この記事をシェアする

このページのトップへ