予防歯科と歯科検診はちがう?

>

口の健康を維持するためには

セルフケアのポイント

虫歯や歯周病にならないために、心がけたいのは、正確なオーラルケアです。
定期的に歯医者さんで受けるプロケアと、プロのアドバイスを元に、自分で行うセルフケアの両面でお口の中を清潔に、健康に保つ様に心がけましょう。
特に、セルフケアは毎日のことですので、正しい方法で行うように心がけましょう。
歯ブラシは毛先がまっすぐにカットされた、自分に合う柔らかさのものを選びましょう。
歯磨きペーストなどは、ご自分の希望(虫歯予防、着色除去、知覚過敏を和らげたい、など)に沿ったものを選びます。
ブラッシングの時は、毛先を歯と歯ぐきの境目に毛先を直角に当てて、歯周ポケットから歯垢を書き出すイメージで細かく動かします。
ブラッシングの後はフロスや歯間ブラシなどを使って、歯垢のたまりやすい隙間の汚れも書き出すようにします。
最低でも朝食後、就寝前には行うようにします。

プロケアを受ける時には

毎日のオーラルケアは自分で行うセルフケアがメインになりますが、歯の専門家である歯医者さんの予防歯科を受信することも大切です。
3~6か月に1回は定期健診を受け、口の中のチェック、歯のクリーニング、フッ素塗布などの予防のためのケアを行ってもらいましょう。
歯医者さんでのクリーニングにはスケーラーやエアーフロー、ラバーチップなどの専用の器具を使い、日々のブラッシングだけでは落とせない歯垢や歯石を除去してもらうことができます。
処置後は、口の中が清潔になっているうえに、舌触りなどもツルツルしていて、気持ちもよいですよ。
口の中の健康、そして、身体の健康のために、年に3回くらい、プロケアを受けることをお勧めします。


この記事をシェアする

このページのトップへ